「眼精疲労」と「疲れ目」の違いは?

「疲れ目」

の場合は、休憩したり睡眠をとると治ります。

それでも治らずに、「目が疲れる」

「目が痛い・重い」

が続く時は眼精疲労と考えられます。

そして、目の痛みの他に肩こり・倦怠感・吐き気が伴う場合があります。

その場合には、医療施設の眼科の受診を受けて、適切な処置を行う必要があります。

原因としては、目の使い過ぎが一番です。

PCやスマまたホを利用する機会が増えているので、「目の使い過ぎ」

は増加しますが、眼科の受診等により、目の健康を保つ必要は大きくなっています。

また、老眼が眼精疲労の大きな原因にもなっています。

老眼に対しては、メガネ等の眼精疲労とは違った対策が必要となります。

また、ストレスが原因で、眼精疲労を引き起こす場合もあります。

目という臓器は、外界と直接触れているので、それだけ外界からの影響も受けやすいのだと思います。

いわば裸で露出している臓器ですから、その健康には、より多くの注意を向けて行く必要がありますね。

眼精疲労になる原因は、(1)目の使い過ぎ・(2)目の病気の2つの場合があります。

そして、「目の病気」

の中には「近視・乱視・老眼」

「ドライアイ」

「緑内障・白内障・眼位異常」

「精神的ストレス」

等に分けられます。

それに対して、「目の疲れ」

は、休憩をとったり、少し寝ると回復します。

詳しくは、こちらをご覧下さい。

サプリで眼精疲労を解消させませんか?

私は64歳ですが、10.5インチのノートPCを常用している為か、細かい文字は、老眼鏡を使わないと、読めません。

これ以上は進行しないようなので、PCを使う時は老眼鏡を使い、それ以外の時は裸眼のままです。

老眼というのは、眼精疲労の病気の項目に入れられていますが、これは少し疑問に思います。

年齢的な要因なので、ある意味で諦めています。

しかし「老眼」

が病気の範疇に入る眼精疲労である点を考えると、放っておくのではなく、なんらかの対策が必要なのか、そこのところは、どうもよく解かりません。